板金部品の製造サービス

板金プロトタイプモデルの製造、レーザー切断および曲げ
CADファイルを受け取り、すぐに見積もります

認証

ISO9001:2015 ISO 27001 IATF 16949

板金部品の製造に切断
および曲げサービスを提供いたします
自動切断プロセスにより、部品の高精度な品質が保証されます。 すべての部品は、コーティング、熱処理などの要件に応じて後処理することができます。
利用可能な板金製造プロセス
レーザー切断
レーザー切断技術により、加工部品を最速かつ最高のコストで製造できます。

同時に、最高の品質基準を維持します。

板金製造は、平らな金属板をさまざまな形状の部品や構造に変えるプロセスです。

曲げ加工
レーザー切断部品のカスタマイズされた板金ブレーキ(成形/曲げ)サービス、精密な曲げを提供し
その結果、優れた再現性が得られます。
板金加工とは、材料を曲げたり、伸ばしたり、除去したりして、金属片を加工することです。
目的の形状を形成するプロセス。 曲げ加工により、V字型、U字型、またはチャネル型のシャフトが得られます。
新しいパーツジオメトリを作成します
弊社が生産する典型的な板金部品には、エンクロージャー、ブラケット、コンポーネント、溶接物、キャビネット、その他の部品が含まれます。

金属材料

下記、CNC加工を通常で使用できる金属材料のリストです。 カスタマイズされた情報が必要な場合は、お問い合わせください

  • アルミ

  • ステンレス鋼

  • 真鍮

  • 合金鋼

  • ブロンズ

  • チタン

  • 炭素鋼

板金加工公差:
Honpeは、ISO 2768(標準、ファイン)およびISO 2768(グレード8、7、6)に準拠したさまざまな公差オプションを提供します。
厳しい公差により、ハードウェアアセンブリ、材料証明書、物理的特性、およびハード酸化、不動態化、クロムメッキなどの追加の処理オプションに加えて、より競争力のある価格も提供します。
板金加工表面処理
ISO 2768 CNC加工標準を従う
CNC加工後の表面処理により、製品の外観、表面の粗さ、硬度、耐薬品性が変わり、機能要件を満足することができます。
また、外観は綺麗に加工部品を保護できます。
取引先