金型製造射出成形加工サービス

形状難易度によりますが、最短・15日以内に迅速な金型を完成させることができます・
射出成形製品の最小注文数量は、お客様の御意向で決めます

簡易金型のご提案
弊社の金型には、用途に応じて快速金型、簡易金型、加硫ゴム成形金型等がございます。         
金型材料にも鋼材(steel)とアルミ合金型とがあり、御客様のご要望に沿った製作が可能です。     
また、短納期・低価格の実現も可能です。


射出成形金型はどのように機能しますか?

熱可塑性射出成形プロセスは、加熱せずにアルミニウム金型を使用する標準的なプロセスです。 または、冷却ラインが通過します。これは、サイクルが少し長くなることを意味します。 それは私達の型が充填圧力を監視することを可能にします、 外観の問題、および部品の基本的な品質。

樹脂ペレットはバケツに入れられ、そこで最終的に溶融、圧縮され、 そして型のランナーシステムに注入されます。 高温の樹脂がゲートから金型キャビティに射出され、成形品が形成されます。 エジェクターピンは部品を容易にします 金型から取り出すと、部品が金型のローディングビンに落ちます。 実行が完了すると、 パーツ(または最初のサンプル実行)は箱に入れられ、まもなく納品されます。

射出成形金型のメリット
射出成形は、プラスチック部品の大量生産に適しています
世界中の多くの企業が、部品やコンポーネントを製造するためにそれを使用しています
しかし、射出成形がこれほど人気がある理由は何ですか?

以下是它最大的优点:

  • 高効率

    金型射出プロセスは非常に効率的です
    弊社は、スチール型をメインとしており、大量生産が可能です

  • 詳細

    高圧射出により溶融材料が硬化する前に
    金型のすべての隙間に到達することを確保されます
    これにより、設計エンジニアは複雑な形状を統合できます
    そして、複雑な要素がそれらの設計に統合されています。

  • コストパフォーマンスが高い

    高速で効率的な生産により、各部品の低コストが保証されます。
    そして、高い生産量はさらなる規模の経済を生み出します
    アルミニウムは費用効果が高く、すぐに利用できる材料です
    コスト管理に使用できるツール

  • 大量生産

    スチール金型を使用すると、何万もの製品が生産出来ます。

  • 高い引張強度

    液体樹脂にフィラーを加えることで射出成形品の引っ張り硬度を高めることができます

  • ラピッドプロトタイピング

    適切な処理を行うと、射出成形部品が金型から取り外されます
    それ以上の洗練なしに滑らかな仕上がりで出てきます。

射出成形金型の材料選択

以下は、射出成形金型に使用できる当社の標準材料のリストです。 カスタマイズされた情報が必要な場合は、お問い合わせください

  • アセタールポリオキシメチレン(POM)

  • ABSポリカーボネート(PC-ABS)

  • アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)

  • ポリエチレンテレフタレート(PET)

  • ナイロン66(PA66)

  • ポリメチルメタクリレート(アクリル)(PMMA)

  • ガラス充填ポリアミド(PA-GF)

  • ポリフェニレンサルファイド(PPS)

  • 高密度ポリエチレン(HDPE)

  • ポリプロピレン(PP)

  • 低密度ポリエチレン(LDPE)

  • ポリスチレン(PS)

  • ポリブチレンテレフタレート(PBT)

  • ポリスチレン+ポリフェニレンエーテル(PS-PPE)

  • ポリカーボネート(PC )

  • 熱可塑性エラストマー(TPE)

  • ガラス充填ポリカーボネート(PC-GF)

  • 熱可塑性可硫物(TPV)

射出成形金型の表面処理
射出成形部品は通常 後処理仕上では無く、金型自体にシボ処理や鏡面仕上げを施し完成させる事により、成形部品の表面仕上がりを仕様通りに致します。
このようにして、美的ニーズや技術的要件を満たすことができます
射出成形金型の応用産業
射出成形金型は、あらゆる分野の製品の製造に広く使用されています

自動車産業

玩具

プラスチックフィギュア

医療健康

電子製品

航空宇宙

スマートホーム

コンセプト製品

家電

取引先